うつ病かどうか診断してもらおう【病院で治療を始める】

ゆっくり病気を治そう

診察

やる気の低下が続いたら

何をしていてもおもしろくない、気分の落ち込みが激しいなど、この様な状態が2週間以上続いたら、それはうつ病のサインかもしれません。うつ病は体調面だけでなく心にも変化をもたらす病気です。これまで続けてきた仕事にも手がつかなくなってしまったり、普段なら聞き流す様な何気ない言葉に過敏に反応してしまったり、様々な症状が出てしまいます。この様な症状が出た場合は速やかに精神科や心療内科に足を運び、うつ病であるかどうかの診断をしてもらいましょう。うつ病を診断する場合は、いつからどの様な症状が出ているのかなど、問診が行われますが、それに加えて国際的な診断基準を使用し、それに回答した点数によって重症度を診断していきます。心の病気の診断はなかなか難しい部分があり、ドクターも慎重に判断していきます。症状を説明する場合は出来るだけ細かく、覚えている範囲で良いのでしっかり回答する必要があるでしょう。また、本人が回答することが出来る状態でない場合は、身近な人が一緒に寄り添い、代わりに回答してあげるのも良いのではないでしょうか。この病気を発症している場合、病院に行くことさえ拒む人もいる為、身近な人のサポートも大切になってくるでしょう。また、もし発症していることが分かった場合でも、病気のことを周りの人も理解し、正しい接し方をすることで徐々に症状を改善することが出来ます。この病気の場合、薬を飲めばすぐに症状が治るという訳ではなく、根本的な部分から改善しなければ、再発してしまう可能性もあるので、長い目で見た治療が必要になるでしょう。診断規準によって出された点数によって、どの程度の重症度かをチェックし、それに合わせた治療が行われます。回答する場合は自分の答えに一番近い選択肢を選び、その点数によって状態をチェックしていきます。うつ病と診断されればそれに合わせた治療がはじまります。抗うつ剤などの服用に加え、精神療法といって心をケアする治療もはじまるでしょう。治療の内容は人それぞれ異なりますが、状態によって認知行動療法や支持的精神療法など行いながら改善します。認知行動療法が偏った考え方を柔軟にし、自分の力で様々な問題を解決することが出来る様にサポートする治療です。この病気は物事の考え方がネガティブになってしまう傾向にあります。それを別な方向から見て、前向きに考えることが出来る様に患者さんにより添いながら治療が行われるでしょう。支持的行動療法は患者さんが抱えている不安や悩みなどの苦痛を少しでも軽減する為の治療です。カウンセリングを通して患者さんの話をしっかり聞き、それを理解し、サポートする為の治療になります。その為には、クリニックと患者さんの信頼関係が大切になり、きちんと治療を受けることで物事の考え方などが徐々に変わり、心の負担を軽減することが出来るでしょう。うつ病は体と心の両方を改善することが大切です。クリニックではその療法に働きかけながら徐々に状態を改善してくれる為、しっかり通うことが大切です。それ共に、周りの人もうつ病であるということを受けいれ、ありのままの状態を理解する様にしましょう。