うつ病かどうか診断してもらおう【病院で治療を始める】

気になる症状と対処の仕方

ハートと聴診器

ありのままを受けとめよう

うつ病は実は誰でも発症してしまうリスクの高い病気です。現在日本では100万人以上の人がうつ病と診断され治療を受けています。また、この数に病院に掛っていない人の数を含めるとかなりの人が発症していると言える病気ではないでしょうか。もし発症してしまった場合、適切な治療が大切になります。また、それに加えて周囲の人の協力も必要不可欠です。その為、うつ病に対しての知識をしっかり持っておくことが大切です。この病気は早期発見、そして早期治療が何よりも大切です。家族など身近な人の様子は最近おかしいと感じたら、それはうつ病を発症しているからかもしれません。主な症状としては何事に対してもやる気が起きなかったりと意欲の低下が見られたり、食欲不振や不眠などの症状が続きます。これらの症状が2週間以上続いている場合は注意が必要です。また、もし発症してしいまった場合や精神科及び心療内科で診断してもらい治療が開始されます。この病気は治療が開始されたらすぐに治る病気ではありません。徐々に改善されていく病気なのできいちんと通院することが大切です。また、もし身近にうつ病と診断された人がいる場合は周囲の人は病気を受け入れありのままを受けとめる様にしましょう。元気がなかったり何に対しても意欲が無くなっている状態を見ると、つい助言をしたりやる気を出せと励ましたくなってしまいますが、それはこの病気の場合逆効果になってしまいます。否定せずにありのままを受けとめる姿勢でいることが何よりの対処の方法になるでしょう。うつ病の診断には問診の他に国際的な診断規準を用いられていて、それに回答する形で診断していきます。もしうつ病と診断されればすぐに治療が開始されますが、この病気の場合、体だけではなく心のケアも大切になるでしょう。うつ病の根本的な原因は現在も分かっていないのが現状です。しかし、ストレスなどで心に大きな負担が掛っていることも発症の要因の一つになっています。その為、要因となっているストレスが何なのかを解明し、それを解決する為の治療も行われるでしょう。心の治療としては精神療法が用いられますが、精神療法には認知行動療法や支持的精神療法などがあります。認知行動療法は柔軟な物の考え方になる様にお手伝いいをする療法になります。支持的精神療法は患者さんが持っている不安や心配ごとなど軽減する為の治療であり、患者さんに寄り添い理解を示しながら改善する為の治療となるでしょう。また、それらの治療に加えて抑うつ状態を改善することが出来る抗うつ剤など用いて治療が行われます。その他、家庭ではゆっくりと休める環境をつくることが大切です。十分な休養を取ることが重要なことです。その為には無理に仕事に行ったりせず、まずは体を休ませることに専念する様にしましょう。この病気を発症してしまうと、本人だけではなく周りの人も不安になってしまいます。先が見えない様に思えてしまうかもしれませんが、適切な治療を受けることで改善することが出来る病気です。そのまま症状を放置する様なことをせずに、しっかり治療を行いましょう。